亀梨和也にO's and X's

亀とKAT-TUNに夢中な日々の記録。その想いは果たしていつもで続くのか

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ドリボ 09/16夜公演  

『DREAM BOYS 2012』全38公演中、19公演目

ご家庭の事情で観劇できなくなったヲ友達に代わり
夜公演も入ることに。
2日連続で二公演の観劇
本当にありがたいことで、感謝の一言

しかも座席は、初のどセンター!! 一階最後列だけど(笑)

一階最後列となる、X列
わたし的にはお気に入りなんだよねっ♪
一階客席の演出もよく見渡せるし、何と言っても
後部座席の方を気にする必要がない!
椅子の上に正座して観ても平気そう〜。← もちろん、そんな格好はしないけど(笑)
そのX列、どセンター
なんと双眼鏡で亀ちゃんを観てると、間違いなく目が合う!!

  >*0*< キャ——ッ!!! 亀ちゃんが〝わたしをみてる?〟

... そんな訳ないって(笑)
勿論わかってるよぉ〜。でもー!ホントに目が合う感覚なのよ (*' '*)*照*

双眼鏡をのぞくたび、ドキドキ... ドキドキ
幸せな時間だったぁー! ボ〜〜( ̄。 ̄)〜〜ッ


そして念願叶って、ロスマイをセンター席からガン見
千手観音、(*゚o゚)ノ⌒☆凄っ!!

後ろから赤いライトも印象的で、ゾクゾクした (≧∇≦)キャー♪
これぞセンター席の特権だね
上手や下手サイドの席から斜めで観るのと全然違う
もう、感涙もの

ロスマイを踊る亀が、ホント素敵で。
観るたび、妖艶になってる気がするんだけど(笑)
ダンスのキレもあって、最高ー!\(^o^)/


今年こそは、この素晴らしいパフォーマンスをぜひ、
映像化して欲しい



公演後にTwitterで知ったんだけど
今夜は「妖怪人間ベム」ファミリー(杏・福くん)が観劇されていたらしい


だからかぁ〜。
冒頭の〝カズヤ呼び〟の件で、ベムのフリがあったのは。

  千賀くん 「そんなん素直に呼んじまえばいいじゃねぇか!なぁベム」

わかりやすい!(笑)
さらに玉森くんが、ベムのマネを宮田くんにムチャ振り!(≧∇≦) ガハハハ!

  亀    「あいつはカズヤって呼んでそうだな」
  玉森くん 「俺絶対言えないっす。宮田、さっきベムのモノマネしてましたよ」
  宮田くん 「えっ!そういう感じでくるの?」
  亀(ベム調で)  「お前にベムができるのか」
  宮田くん  (同じくベム調で)「…お前もベムか」 ← 大喝采!

亀ちゃんから、「12月15日公開です。よろしくお願いします」との告知あり♪


そしてこの日の目玉!?は、亀ちゃんによるトドのマネ!! (≧〇≦)//☆

野球場シーン。宮田くんの「特技」の件
「英会話教室」ネタ(...英会話を教えるってことらしい)がいまいち
亀からも物足らないといわれ、次に挑戦したのが
一発芸 〝トドが妖怪人間だったら〟

トドの動きをマネながら
「アゥアゥアゥ......人間になりたいー!」

ここで終わるはずだったのに、宮田くんがハケたあと、
ナオキ役の子が、Good JOB!!

  亀    「歌うんだからどっか行けよっ」
       「お前はトドじゃないだろ」
  ナオキ  「僕はトドじゃないけどカズヤはトドでしょ」 ← (≧∇≦) ガハハハ!
  亀    「(びっくり!笑って)違うよ」

そしてまさの展開〜♪

  ナオキ  「僕がトドやったらカズヤもやる?」
  亀    「やるよ(笑)

  ナオキがトドのマネ ← 可愛くて、拍手喝采!

  亀    「お願いだから一緒にやって」→ 二人でアゥアゥ... トドのマネ!!

マネた後、亀が仰向けに倒れてから起き上がって 「なんで帝劇でアウアウアウって…」
袖にむかって「トシヤー!おまえのせいだぞー!!!」

照れまくる亀はん、そしてキレ亀
盛り沢山で、最高に面白かったーーー!!!



関連記事

category: 舞台・他

thread: 亀梨和也 - janre: アイドル・芸能

TB: --    Comment: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Date

Countdown

Welcome

Counter

New Entry

Comments

Monthly Archive

Category

検索

Topics

Link

Mail

umi*sora's photo album

News

Weather

Ecology

RSS

QR Code

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。