亀梨和也にO's and X's

亀とKAT-TUNに夢中な日々の記録。その想いは果たしていつもで続くのか

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

ドリボ 09/16昼公演 

『DREAM BOYS 2012』全38公演中、18公演目

初めての2階A席、最前のI列。上手サブブロックから観劇
前に壁?があって背もたれに背中をつけると、
舞台前方がまったく見えない(。>_<。)

後列の方に許可をとって、すこし前屈みになってやっと見えたー!
オーケストラピットの部分は、背中を伸ばしても
ほとんど見えなかった(> <)
2階A席は、J列の方がみやすいのかも...。


深夜のベイサイドクラブのシーン。
カズヤ呼びのくだりで、千賀くんがバットを構え振るマネをしながら
  
「ピッチャー、かめなし」

「バッターだろ!」速攻、突っ込む亀ちゃん。早っー!(笑)
宮舘くんかな?思いっきり吹き出してたよね?!


そして、野球場でのシーン。
またまた新たなパターンが登場(笑)

亀から宮田くんへ
これまで〝特技〟だったのに、なぜか〝趣味は?〟と質問変更!
いきなりの質問変更に、宮田くん焦る、焦る(笑)

  「美少女が戦うところが好きなんですよ!」

亀ちゃん「どんなのが好きなの?」って
マニアック過ぎて、大笑い♪
ヲタ芸を披露した宮田くんが、亀にもやらせようと...

  「〜♪ カズヤもいっしょに!」

客席からも大きな手拍子がおこったけど、
かたくなに拒否する亀ちゃん。(≧∇≦) ガハハハ!

宮田くんがはけて、ナオキに早く帰れというくだりでも。

  カズヤ「おまえヲタ芸できないじゃん」
  ナオキ「僕はできないけど、カズヤはできるよ」← ナイス!!
  カズヤ「俺はヲタ芸できないよ」
  ナオキ「僕もできない」
  カズヤ「じゃあやめよう」

ナオキ役の子、GOOD JOB ! +.Σd(>∀<*)♪゚+.゚
公演数を重ねてくると、こういう細かなアドリブも
毎回楽しみになってくる!


一幕前半までは絶好調だったのに...、フライングから状況が一変。
キューブアクロに入る前、いきなりストレッチをする亀ちゃん。
どうした?
続くロスマイでは、踊りもキツそうですごい汗。
最後のポーズで、バランスを崩したように見えた (。>_<。)
棺桶に戻る時もフラフラして...。
客席をダッシュで走ってくるとことも、一瞬遅れた感じだった

客席上での前回転 → ポーズ → そのあと体を引き上げられなくて
苦しそうな叫び声を張り上げて、気合でなんと逆さまに体勢を変更。

あんな声を出す、亀ちゃん初めてだったよ

大回転に入る前、バーを掴んだまま暫く観客に背を向けてた亀ちゃん
一瞬、大回転を回避するか?って思ったぐらい
相当辛かったようで、大回転も回転と回転の間が早くて...。
あんなにドキドキ、ハラハラして亀ちゃんをみたのは初めてだった

それでも大回転、大成功ー!!

あの精神力には脱帽。
大回転が終わった後、もうポールに捕まって辛うじて
立ってるという状態に見えたけど、やりきった亀ちゃんに大感激

「何もかも引き受けてやろうじゃねーか!」も途切れ途切れに
辛うじて台詞を発する状態。

二幕の幕が上がるのか、ホント不安だった

壁フライングは、何時も以上に辛らそうで
上手端のセットにもなかなか上がれなくて...。
それでも持ち直して、最後までやりきった亀ちゃんに拍手喝采!

いつものような、キラキラ感はなく
最後までかなりキツそうだった。
それでも最後までやりきる、あの責任感と根性

もう、さすがの一言!
ますます惚れた公演だった

関連記事

category: 舞台・他

thread: 亀梨和也 - janre: アイドル・芸能

TB: --    Comment: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Date

Countdown

Welcome

Counter

New Entry

Comments

Monthly Archive

Category

検索

Topics

Link

Mail

umi*sora's photo album

News

Weather

Ecology

RSS

QR Code

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。